40代ベテラン看護師が好条件で転職!

一般的な職業で40歳代で転勤をしようとしてもアベノミクス効果で経済が好転しつつあっても簡単にはいかないでしょう。 就職探しで悩んでいる人たちも少なくはないです。 けれども40歳代の看護師求人は珍しくありません。

ここでは40歳代でのベテラン看護師が好条件で転職できる理由を説明しましょう。 年齢を重ねての転職は若い頃と比べると、とても勇気がいるでしょう。 転職先の病院では自分よりも若い人たちに教えてもらわなければならないこともあります。

看護スキルや知識の不安がなくても「人間関係が上手くできるか」とか「新しい環境に馴染めるのか」という心配や悩みを感じています。 そんな40代看護師が武器にして欲しいのは<経験値の高さ>です。 これは若い世代に負けない大きなメリットで、うまくアピールすれば転職が有利になります。

確かに40歳代は年齢制限に引っかかることもありますが、条件さえマッチすれば採用したい医療機関はたくさんあるので心配することはないです。 そういった医療機関は<熟練した看護師>を求めていますから、予想以上の好条件で転職した事例も見られます。

看護師不足と言われていますが条件が満足できて転職できるのは40歳までが上限でしょう。 少しでも転職が頭をよぎっているならばラストチャンスかもしれません。 40歳代の看護師の強みをまとめておくと次の3つの項目です。

一番目は、経験値がありますから優遇されるケースもあることです。 二番目は、さまざまなシチュエーションに対し臨機応変に対応できるのでニーズが高いことです。 三番目は、コミュニケーション能力がいかんなく発揮できることです。

一番の強みは、なんといっても<経験値>で、看護スキルや知識は当然として、その経験を生かし二番目の臨機応変に対応することも自然と体に身についています。 若くて経験が浅ければ戸惑ってしまうことにもスムーズに対応できて頼りにされると思います。

以上、40歳代でのベテラン看護師が好条件で転職できる理由を説明しました。 場合によっては経験優遇で管理職に抜擢されることもあるでしょう。 若い看護師が多い職場に転職しながら評価してもらえると大きなやりがいにもなります。

ページの先頭へ