訪問看護師として働くということ

急激に高齢化の進む日本において、在宅介護や訪問看護に対するニーズは非常に高まりつつあります。 この現状において、質の高い訪問看護サービスを提供できる看護師に対する評価は非常に上がってきており、訪問看護関連の看護師求人も右肩上がりに増えてきています。

では、今求められている訪問看護師というものはどんな存在なのでしょうか? 訪問看護における看護師の仕事は、在宅看護や介護が必要な患者宅を訪問し、リハビリや介護業務、健康管理や病状の確認などを行います。

加えて、病院に入院する形の延命治療ではなく、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を重視したターミナルケアを希望する方のため、緩和治療をサポートするといったケースも増えてきています。

訪問看護を希望する患者さんの場合、寝たきりの状態、もしくは病状が末期というケースが大半のため、非常に繊細かつ慎重な対応が必要となり、看護師側には担当する患者さんの様子をしっかりと観察し、適切な判断をすることのできる能力が求められます。

また、看護師は医師の指示無くして医療行為を行うことは不可能ですので、訪問看護の際には医師と綿密な打ち合わせを行った上でケアにあたることとなります。

そして、訪問看護を語るうえで外せないのが、患者のみならずその家族に対するケアやアドバイスも重要な仕事となるという部分です。 在宅看護を希望する患者さんの多くは、安らかで穏やかな最後を家族のもとで迎えたい、と願っていますが、この願いを実現するには家族の協力が必要不可欠です。

そのため、家族が心から患者の事を思って介護・看護に協力できるよう、メンタルケアや心身のフォローをすることが大切になってくるのです。

このように、訪問看護の仕事は病棟看護師の業務とは異なる点が多く、専門性が高いものとなっています。 それだけに、訪問看護に対応できる看護師のニーズは非常に高く、求人数もかなり増えてきています。 訪問看護を希望する方は今のこの情勢を逃すことなく、多くの求人を比較検討し、自分に最適の勤務先を見つけてみて下さい。

ページの先頭へ