企業看護師とメンタルケア

患者を笑顔で元気づけることも大切な仕事ですが、精神的な部分をメインにケアする必要な患者もいます。そのような場合、精神科医が対応するのはもちろんですが、看護師でも対応しなければならない仕事があります。企業につとめる看護師です。

企業看護師と呼びますが、社員の健康状態を維持するサポートをするのが仕事で、観察する立場にあったり、受け身で相談に乗る立場にあったり企業により様々ですが、どのような場合でも、最近は社員の精神的ストレスのケアについて注視する事が多いようです。

残業をしすぎると心身ともに疲れ果て、体調を崩してしまいます。そんな当たり前のことは解っているにも関わらず、社員として企業で働いていると目の前の仕事に追われて自分の健康は二の次になってしまったり、その上司であっても部下の健康状態までマネージメントできる人は非常に少ないでしょう。そこで、企業看護師が必要とされるのです。

最近は、残業が多すぎる社員に対し、半強制的に企業看護師との面談を組むなどし、企業は健康管理に取り組もうとしています。そこで、面談にくる社員のメンタル面を見抜くことができるか問われてくるのです。

企業としても、社員が体調を崩し休暇に入ってしまうと、その分仕事に支障がでてしまう事や、労災認定される場合があるため、健康でいてほしいのです。また、体調を崩す多くの原因がストレスだといわれます。

ただ、看護師としても、精神科の勤務経験がなければ相談に乗ることも難しい場合がありますので、企業看護師には、独自でメンタル関連の勉強を改めて行い、資格取得までする人が多くいるようです。

病院だけではなく、現代社会の日々のストレスが原因で体調不良予備軍に値してしまう人たちをケアするのも必要とされている看護の仕事です。ストレスにより体調を崩した場合には、怪我を治療する、とはまた違う難しさがある治療が必要になります。

そうなる前に、社員のメンタル面をケアできるように企業看護師はメンタルに特化した勉強を怠ることはできません。

ページの先頭へ