男性看護師でも現場で活躍できるのか

男性看護師は、古くから医療現場で活躍していました。歴史上で、看護師は女性からではなく、男性から発症した職業だと記録に残っていることもあり、元々は男性に向いている職業なのかもしれません。

しかし、看護師は、ナイチンゲールの頃から、女性の仕事というイメージが強くなってしまった職業でもあります。そのため、男性の看護師を見掛ける機会は、まだまだ少ないといえるでしょう。 とはいえ、最近は整形外科や精神科、手術室の助手などの腕力が必要となる診療科に限らず、様々な診療科で男性看護師が活躍するようになってきたようです。

これは、一体どういうことなのでしょうか。理由はいくつかあるといえますが、男女それぞれの看護師の良さが、現場で理解され始めてきたことが関係しているといえそうです。

例えば、今まで内科の病棟は、女性の看護師が多く働いていましたが、力仕事だけに限らず、冷静な判断が必要となる瞬間でも、機敏に動き回ることができる男性看護師は、現場で大変重宝されています。 もちろん、女性看護師も冷静な判断を下して、適格な処置を行うことはできますが、体力や筋力だけに限らず、男性特有の俊敏さは女性にないものです。

だからといって、女性看護師が劣っているのかというと、そういうことではありませんが、男女によって様々な差が現れてくるのは致し方ないことでしょう。 荷物を運ぶ場合にしても、女性看護師であれば数人で数回に分けて運ばなければならないところを、男性看護師は1人で1度に運ぶことができるなど、仕事の効率面から見ても男性が有利であるケースが多いといえます。

ただし、精神面のケアなどのきめ細かな看護については、男性は不向きとまではいきませんが、女性看護師の方が適しているといえるでしょう。

このように、男性看護師が活躍できる現場は、年々増えてきているというのが現状だといっても過言ではなさそうです。 まだ数は少ないといえますが、海外では多くの男性看護師が活躍しています。今後、日本国内でも男性看護師が増えていく可能性は、十分あるといえるでしょう。

ページの先頭へ