妊娠中にはなぜ葉酸サプリを飲まなければならないの?

なぜ妊活中・妊娠中に葉酸サプリが必要なのか?

妊娠中にはなぜ葉酸サプリを飲まなければならないの?

近年は妊娠や妊活についてインターネットを使って調べる方が増えました。

そんな中で妊活をしている人や妊娠中の方は葉酸サプリを取り入れるべき、という情報を入手したという方も多いでしょう。

ですが、なぜ妊活中・妊娠中の時期に葉酸が必要になるのでしょうか。

そもそも葉酸とは何かというと、これはビタミンB群の一種のことです。 赤ちゃんの細胞を生成するのに欠かせない役割を持っているだけでなく、葉酸が不足してしまうと赤ちゃんに十分な血液が送れなくなってしまいます。

そのため、妊娠中は特に重要な栄養素だといえるでしょう。 そういったこともあり、母子手帳にも葉酸を摂取するように書かれています。

ですが、葉酸について騒がれるようになったのはまだまだ最近の話です。 すでに出産をしたという方の中にも葉酸という栄養素を聞いたことがないという方もいるでしょう。

仮に葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんにどのような悪影響があるのかというと、神経管閉鎖障害のリスクが増してしまいます。 これは妊娠初期の先天異常のことなのですが、葉酸を取り入れるだけでそのリスクを抑えることができるのです。

葉酸サプリを飲んでいれば100%防げるというものではないのですが、リスクを抑えるためにもしっかり葉酸サプリを取り入れていきましょう。

妊娠初期は細胞分裂によって神経管という重要な細胞が作られます。 そして、これをスムーズに行うためにも重要になってくるのが葉酸なのです。

この時期に葉酸が不足してしまった場合、流産や死産に繋がる可能性もあります。

また、妊娠中は赤ちゃんにたくさんの栄養素を送るために血液がたくさん作られるのですが、葉酸は血液を作るためにも欠かせない栄養素であるため、不足してしまうと貧血になりやすいだけでなく、赤ちゃんに栄養素が送られにくくなります。

それから、葉酸は妊活中・妊娠中だけ取っていればいいというものではありません。 授乳期にも重要な栄養素とされており、健康的な母乳をたくさん作るためにも大切な栄養素です。

このように様々な働きを持っているため、サプリメントで効率よく葉酸を取り入れましょう。

辛いつわりに効果的なのは葉酸です

妊娠初期のほとんどの方が、辛いつわりに悩まされています。その症状は様々で、人によって大きく差があります。 辛いつわりを少しでも軽減するためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

まず、つわりについてお話しましょう。 つわりとは、妊娠初期に起こりやすい体調不良といってよいでしょう。 妊婦の約7割の方が、つわりの症状で悩んでいるようです。

つわりの代表的な症状に、吐き気があります。 テレビなどでも良く見受けられるシーンですが、そのような吐き気や嘔吐以外にも、つわりは様々な症状が出てきます。

その症状の一つに「食べづわり」という症状があります。 何かを口にしていないと吐き気などが出てくる症状です。 気持ち悪くて食べられない方とは反対に、食べていないと気持ち悪いため、 理解してもらえないといった悩みも追加されます。

「眠りづわり」という症状もあります。 とにかく眠い。眠気や気だるさなどで1日中活動できない方もいるようです。

そしてあまり知られていませんが「よだれづわり」というものもあります。 唾液の分泌が過剰になり口の中にたまるため、吐き気を感じやすいようです。

これらのつわりの症状は妊娠4週目ころから出てきます。 原因はホルモンバランスの乱れ、アレルギー反応、自律神経の乱れなど、色々な説があるようです。

そしてそのようなつわりにとても良いと言われる栄養素はビタミンB群と言われていますが、 最近話題の栄養素である葉酸もつわりに効果があると言われています。

口コミサイトや掲示板でもつわりが軽くなったといわれているようですが、実際の根拠は乏しいようです。 しかし、葉酸にはリラックス効果や神経の働きを正常にしてくれる作用があります。 それらの事から、葉酸はつわりに効果があるといっても良いかもしれませんね。

妊活中のカップルには葉酸必須

妊活中のカップルは普段から健康に気を遣っている方は多いと思います。妊娠は女性だけの力で叶うものではありませんからね。

そんな妊活中のカップルに気をつけて摂取していただきたいのが葉酸です。 妊娠前の女性には葉酸の摂取が重要だと言うことをご存知かと思いますが、 男性にも葉酸が必要なのをご存知でしょうか。

女性だけでなく、男性も一緒に妊活力をアップできるように、 食事やサプリメントのよい摂取の仕方を見て行きましょう。

妊活中は、食生活をきちんとバランスよく摂取することは当たり前です。 それを念頭に入れて、以下のような栄養成分を摂取すると良いと思います。 どの栄養素も、精子を作ったり生殖機能を高めてくれる働きがあるため、妊活中にお勧めです。

まずは一番摂取していただきたいのが葉酸です。 特に男性が葉酸を摂取する場合には、早い段階での摂取をお勧めいたします。

葉酸は染色体異常に効果を発揮しますが、体内で精子が作られるには3ヶ月もの期間がかかります。 妊活を始めたらすぐにでも葉酸の摂取を心がけると良いでしょう。 またアルコールや脂肪分の取りすぎは、葉酸の吸収を妨げるため、気をつけて摂るようにすることが大切です。

亜鉛もとても重要な栄養素です。 男性ホルモンの代謝に大きく関係し、精子を作る能力や生殖能力を上げてくれます。 また、精子の質をも高めると言われています。

鉄分は精子の形成を促してくれます。 鉄分は女性も多く摂取したい成分ですので、カップルで鉄分を摂るように心がけると良いでしょう。

レバーや小松菜などが鉄分が多く含まれる食品の代表的なものです。 毎日の食事でコツコツとって行きましょう。

アルギニンは精子を増殖させてくれます。アルギニンが多く含まれる食品は、鶏肉や玄米、大豆製品、ナッツ類などが挙げられます。 また、意外なところでチョコレートやレーズンなどにも含まれます。

これら以外にもビタミンB群、ビタミンEなどもとても重要な栄養素です。 カップルでバランスよく栄養を摂り、可愛い赤ちゃんの誕生を待ちましょう。